iPhoneに自動返信する

iOS 11では、iPhoneは運転中に邪魔をしないモードを勝ち取りました。 従来の「邪魔しないでください」よりもこの機能の大きな利点は、連絡を取った相手に自動応答を送信できることです。 一方、自動スケジュールを設定したり、例外を追加したりすることはできません。

この機能は、サイレントモードの代わりにいつでも使用できます。 運転していなくても、iOSコントロールセンターにショートカットを追加して手動でアクティブ化するだけです。 このようにして、あなたの友人は自動返信メッセージを受け取り、もし件名が緊急の場合は、キーワードを使ってブロックを貫通することができます。

Do Not Disturbモードを使用してiPhoneに自動返信を送信する方法を学ぶ

iOSベータプログラムに入り、最初にニュースを受け取る方法

次のチュートリアルでは、邪魔にならないようにiPhoneの「運転を邪魔しない」モードを使用して、もちろん忙しいときに友達に自動返信を送る方法を説明します。

手順1. iOSの設定にアクセスして、[サイレント]をタップします。 画面を最後までスライドさせて「自動応答」をタップします。 自動応答を受け取る連絡先を定義できます。

サイレントモード設定を開く

ステップ2。「自動応答」の下で、機能が有効になるとき連絡先に送信されるメッセージをカスタマイズできます。 デフォルトでは、テキストは方向を参照しますが、いつでも使用できるように一般的にすることができます。

自動メッセージテキストの編集

手順3.手動でドライブモードに邪魔しないを有効にするには、iOSコントロールセンターに機能へのショートカットを追加する必要があります。 この場合は、[コントロールセンター]設定に移動して[コントロールのカスタマイズ]をタップします。

アクセスコントロールセンターの設定

ステップ4.「運転中に邪魔しない」の左側にある「+」ボタンをタッチします。 必要に応じて、右側の3本のバーのアイコンを使用してコントロールセンターのボタンの位置を変更できます。

運転中に邪魔しないモードへのショートカットを追加

ステップ5.いつでも「運転中に邪魔しない」モードを有効にするには、単に画面の下端から中央に向かって指をスライドさせてコントロールセンターにアクセスします。 次に車のアイコンをタッチします。

運転中に邪魔しないモードを有効にする

ステップ6.これで、お使いの携帯電話には、従来のDo Not Disturbモードなどの通話を含む通知が表示されなくなります。 ただし、連絡先には手順2で定義したメッセージが表示されます。 後で、機能を無効にするには、単に携帯電話のロック画面で通知を押して、「私は運転していません」をタッチします。

運転中にDo Not Disturbモードを無効にする

iPhone Xはそれだけの価値がありますか? フォーラムで発見してください。