HPノートブックでUSB経由で起動するようにBIOSを設定する方法

HPのノートブックは、競合他社の圧倒的多数と同様に、ユーザーがインストールCDから取り出し、USBスティックを使ってオペレーティングシステムを再インストールすることを可能にします。 この方法は、より実用的ではあるが、既にインストールされているオペレーティングシステムを実行する前に、新しいソフトウェアのファイルでペンドライブを認識してアクセスするように、マシンのBIOSを変更することも必要とする。

手順は通常製造元によって異なるため、チュートリアルをHPノートブックPCに複製する方法に関する準備が整っています。 しかし、ステップバイステップの指示に従う必要がある場合は、BIOSに不適切な変更を加えると、コンピューターのパフォーマンスや操作に損傷を与える可能性があることに注意してください。

起動可能なUSBメモリを使ってWindows 10をPCにインストールする方法

USB経由で起動するようにHPノートブックのBIOSを設定する

手順1.コンピュータの電源を切った状態で、[オン]ボタンを押します。 起動中にHPのロゴが表示されたら、「F2」キーを押します。

起動中にF2キーを押してBIOSにアクセスします。

ステップ2。上記の方法で問題が発生した場合は、HPの起動メニューからもBIOSにアクセスできることを覚えておくことが重要です。 メニューを開くには、ブランドロゴが起動時に表示されたらすぐに "Esc"キーを押します。

起動メニューで、BIOSにアクセスするために示されたキーを押します

ステップ3. BIOS内で、矢印キーを使用して「System Configuration」にナビゲートし、「Boot Options」項目を選択します。

「Enter」キーを使用した「オプション」

ステップ3.それから「Secure Boot」オプションを探し、それを「Disabled」に設定します。 デフォルトでは、BIOSは新しいシステムのインストールを防止するように設定されているため、この手順が必要です。

先に進む前に、セーフブートオプションを無効にしてください。

ステップ4. [UEFI起動順序]セクションの後、[F5]キーと[F6]キーを使用して、[キー/ USBハードディスクのUSBディスケット]項目を最初の起動オプションとして分類します。 このようにして、メインHDからの起動を実行する前に、システムはUSBペンドライブと接続されているデバイスをチェックします。

USBデバイスを優先するようにUEFI起動順序を構成する

ステップ5.変更を完了する前に、「OSブートマネージャ」項目をリストの2番目に重要なものとして忘れないでください。

ブートマネージャは「すぐに来る必要があります

Step 6. Windows 8より前のオペレーティングシステムでpendriveを準備したい場合は、 "Legacy Support"オプションを "Enabled"に設定することもお勧めします。

古いOSと互換性のある、レガシーブートモードを有効にする

ステップ7.変更が終了したら、キーボードの "Esc"キーを押して前の画面に戻ります。

前のBIOS画面に戻るには、ESCキーを押します

ステップ8. BIOSインターフェイスの上部に表示されている[Exit]セクションに移動し、[Exit Saving changes]オプションを選択して変更内容を保存します。

変更を保存してBIOSインターフェースを終了します

あります! これで、起動を進める前に、BIOSは起動中に接続されているUSBフラッシュドライブとUSBデバイスを探します。 これらの記憶媒体が正しく設定されていれば、システムはそれらを自動的に実行します。

私の勝利10 32から64ビットを渡す方法は? フォーラムで見る