iOS 12パスワードマネージャの使い方

新しいiOS 12には、iPhoneおよびiPadのWebサイトやアプリケーションに自動的にサインインできるようにする高度なパスワードマネージャが備わっています。 Apple機能は、機密データの漏洩を防ぐために暗号化を使用してiCloudまたはサードパーティのサービスに情報を書き込みます。 ウェブやアプリにログインすることで、ユーザーはキーボードの上にある「パスワード」ボタンをタップして以前に保存したEメールとパスワードにアクセスすることができます。 このようにして、何も入力せずに資格情報を入力できます。 iPhone 7でのチュートリアルで、新しいiOS機能を使って設定する方法を見てください。

安いiPhoneを購入したいですか? 比較で最高の価格を探す

iOS 12は自動的にパスワードを入力します

ステップ1.まず第一に、あなたのiPhoneが最新であることを確認してください。 そうでない場合は、 更新をダウンロードして新しいシステムをインストールし、パスワード機能を入手してください。

iOS 12をインストール

ステップ2.「設定」にアクセスして、「パスワードとアカウント」を選択します。 次に、[パスワードを入力してください]の横にあるキーをオンにします。

iPhoneの設定でパスワードのメニューにアクセスしてパディングを有効にする

ステップ3. [サイトとアプリのパスワード]をタッチし、タッチIDまたはフェイスIDでサインインして保存されているパスワードのリストを確認します。 次に、[More]ボタンをクリックして新しいサイトパスワードを手動で追加します。

保存されたパスワードのリストにアクセスして新しいパスワードを手動で追加する

ステップ4.アドレス、ユーザー名、パスワードを入力して後でデータを自動的に入力します。 アプリケーションでは、最初のログイン後に自動的にレスキューを実行できます。 それはあなたが一度だけ電子メールとパスワードを入力し、次の数回のために情報を保存するために「保存」をタップすればよいことを意味します。

パスワードは手動または自動で保存できます

ステップ5. Appleサーバー(iCloud Keys)またはサードパーティのサービスにパスワードを保存できます。 1PasswordやLastPassなど、この目的のための有名なアプリはiOS 12のパスワードマネージャと互換性がありますこれらのアプリの1つをインストールしたら、パスワード設定にアクセスし、1つ以上のフィルサービスを選択してください。

パスワードを保存するためにアップルのクラウドまたはサードパーティのサービスを使う

自動的にサインインする方法

アプリケーションにサインインするときは、パスワードフィールドをタップしてキーボードを開き、[パスワード]または[パスワード]ボタンをクリックします。 保存したログインのリストを開くにはタップします。 アプリケーションと互換性のあるデータが一番上に表示されますが、自動IDが機能しない場合は手動で取得できます。 記録されたログインをタップすると、システムは自動的に情報を入力します。

iOS 12上のワンタッチサイトとアプリのパスワードを入力する

iOS 12:Appleの新しいシステムのハイライトを知る

iPhoneを早くするには? ユーザー